中古マンション・新古マンション仲介手数料無料の中古マンション.com 仲介手数料無料の中古マンション.com

PR

掲載されている全ての物件の仲介手数料が無料!割引!
当サイト以外で掲載されている物件も「仲介手数料無料」または「割引」でご紹介できますので、
お気軽にお問合せください。


ホーム

仲介手数料無料の中古マンション.com

ストーク高田馬場弐番館 ☆仲介手数料無料☆

「高田馬場」第二弾!
東西線「高田馬場」駅6番出口から4分。
山手線からだと7分。
副都心線「西早稲田」駅から9分。

山手線・東西線・西武新宿線・副都心線と
4線利用可能な便利な所。

ストーク高田馬場弐番館

ストーク高田馬場弐番館 エントランス
昭和61年築の中古マンション。
エントランスはオートロックシステム。

ストーク高田馬場二番館 周辺 階段

マンション横の階段。

ストーク高田馬場弐番館 館内

ストーク高田馬場弐番館 館内

マンションの館内はちょっと面白い造りになってますよ。

ストーク高田馬場弐番館 室内

リノベーションされていて素敵。
すべて新規!

42.90㎡の2DK
ストーク高田馬場弐番館 室内 DK

ストーク高田馬場弐番館 キッチン

キッチンはもちろん新しいシステムキッチン
床下を見て!収納付だよ。
あると以外に便利。

ストーク高田馬場弐番館 洗面台
キッチン横は洗面室になってます。
三面鏡で入念にチェック!
シングルレバーシャワー水栓付 ☆
ストーク高田馬場弐番館 浴室
追い炊き機能付。
給湯器も新規交換。
専有部分の配管(給水・給湯・排水)は交換されてます。

ストーク高田馬場弐番館 洋室6帖

ストーク高田馬場弐番館 洋室6帖 クローゼット

6帖の洋室。そしてクローゼット。
全部屋、遮音フローリング。

ストーク高田馬場弐番館 バルコニー
ダイニングキッチンと6.6帖の洋室につながる
8.25㎡のバルコニー。
鳥のさえずり♪ 緑のマイナスイオン。

ストーク高田馬場弐番館 洋室4.4帖 

ストーク高田馬場弐番館 4.4帖 クローゼット
4.4帖の洋室。
ここのクローゼットは2段になってますね。
 ストーク高田馬場弐番館 洋室4.4帖 扉

ストーク高田馬場弐番館 洋室4.4帖のバルコニー
4.4帖の洋室のバルコニー。

にぎやかな早稲田通りからちょっと入った閑静な住宅街。

 

物件情報タイトル

物件名 ストーク高田馬場弐番館
所在地 新宿区高田馬場2丁目7-21
交通 東京メトロ東西線「高田馬場」駅 徒歩4分
物件価格 所在階 1階
建築年月 1986年3月 構造 RC造地上5階建て
間取 2DK 専有面積 42.90㎡
管理費 11,210円 修繕積立金 8,760円

ストーク高田馬場二番館 間取図






秀和第一南平台レジデンス ☆仲介手数料無料☆

秀和第一南平台レジデンス ☆仲介手数料無料☆ 問合せ

京王井の頭線「神泉」駅 徒歩6分。
JR山手線「渋谷」駅からは徒歩10分と2駅使えます。

秀和第一南平台レジデンス
場所は東京都渋谷区南平台12-17
同じ場所に第一と第二があって
分かれて建ってるのですが、外観が同じですから
つながってるように見えます。
秀和第一南平台レジデンス フロント部分
今回の物件は第一の方です。
昭和44年築。

玄関です。
写真向かって右側はシューズクローゼットと物入れ
秀和第一南平台レジデンス 玄関
左側は洗面室。
秀和第一南平台レジデンス 洗面室
洗面台、洗濯パン、トイレを全部まとめて撮影しようとするとこうなる・・・・。
反対側は浴室。(追い炊き機能付)
秀和第一南平台レジデンス 浴槽

玄関からリビングダイニングキッチンがつながってる感じ。
秀和第一南平台レジデンス 室内
キッチンはもちろんシステムキッチン!
秀和第一南平台レジデンス キッチン

秀和第一南平台レジデンス 室内
                 ↑↑ こちらは4.5帖の洋室

4.5帖の洋室はこんな感じです。
ベッドルームに最適な落ち着き感です。
秀和第一南平台レジデンス 洋室4.5帖
クローゼットは壁一面にたっぷり。
秀和第一南平台レジデンス 洋室4.5帖 クローゼット

リビングダイニングキッチン 11.5帖 
秀和第一南平台レジデンス LDK11.5帖
南東向きの物件です。
事務所使用も可能です。(使用細則有り)
光ファイバーも対応しています。

バルコニーです。
秀和第一南平台レジデンス バルコニー
ここの物件の外観とバルコニーの雰囲気を生かして
つる科の植物を育ててもいいですよね・・・。
家庭菜園とかでもいいし・・・。
ハーブとかでもいいなぁ。

便利な都市空間と南平台の閑静な環境がマッチして、とてもいい場所ですよ。

物件情報タイトル

物件名 秀和第一南平台レジデンス
所在地 渋谷区南平台町12-17
交通 京王井の頭線「神泉」駅 徒歩6分
物件価格   所在階
建築年月 1969年3月 構造 RC造地上7階建て

条件を変更して検索する

所在地
価格
専有面積
築年数
駅徒歩




ストリートビュー&地図タイトル
物件や周辺環境を360度パノラマ写真で見てまわることができます。
※写真上でクリックしたままカーソルを動かすと、視界が360度回転します。
写真上の東西南北の矢印をクリックすると、場所が移動します。

続きを読む



目黒新橋マンション ☆仲介手数料無料☆

目黒新橋マンション ☆仲介手数料無料☆ 問合せ

目黒新橋マンション

今回見たいな物件をみると、やはり中古の面白さを再確認する。
人の価値観と一緒で
新築が良いとか、中古が良いとかは一概にはいえない。
ただ、やはり面白さを追求すると中古に行きつく気がする。
分かりやすくいえば掘り出し物を見つけた感じに似ているのだろうか・・・。
 
新築マンションも中古マンションも
それぞれのマイナス面を言ったらきりがない。
でも、2006年6月の「新生活基本法」で住宅政策は
新築促進から中古の利用促進に転換しています。

今から数年前のマンションミニバブル。
作れば作っただけ売れるという現象。
あんなところにも、こんなところにもという感じで建設ラッシュが起こり
今、厳しい時代を迎えているデベロッパー業者は
競いまくって割高土地を購入して 建てまくっていたわけですが・・・・
そのような時代が長く続くわけもなく
今あるストックを有効利用するという時代になったという事は
皆さんも気づき始めているのではないでしょうか?

今や、駅近で好立地な物件でも 築30年以上の物件ならば
現在の新築からでは到底考えられない安価で手に入るものもある。

しかし、仕事で忙しい現代人にとっては、
中古マンションを住宅として購入して、リフォームして・・・といった事は概念にないかもしれません。
いくら、生涯の中で一番大きな買い物といっても、
普通の一般人には新築ではなく、中古マンションから耐震基準を考えながら物件を検索し、
不動産会社(信頼できる会社はどこだ!騙されたくない!)や金融機関(少しでも安い金利)も探し、
リフォーム会社(なるべく専門会社がいいなぁ)も手配して・・・・
設計から工事まで面倒みなければならないといったは事は面倒かもしれません。
それが楽しみの人もいますが・・・・。

だったら、はじめからリノベーションされているマンションを購入した方が
手っ取り早いということになりますね。
今回はスケルトンからのリフォームです。
45.42㎡といったファミリーでも十分暮らせる広さですが
キッチンや風呂場といった水周りを片側に寄せて、
広い空間を確保した贅沢な空間になってます。

目黒新橋マンション 室内

なんといってもここの見せ場は景色です。
広いバルコニー
目黒新橋マンション バルコニー
バルコニーから見える眺望は・・・・
目黒新橋マンション バルコニー
ジャーン。 
目黒新橋マンション 眺望
目黒川を一望出来るのですから・・・。

南南東向きですからね。見てくださいなこの明るさ。
目黒新橋マンション 室内

目黒新橋マンション 室内

目黒新橋マンション クローゼット

目黒新橋マンション 照明器具
昭和46年築の好立地な物件が生まれ変わりました。

目黒新橋マンション キッチン
先程チラッとお目見えした真っ赤なキッチン。
目黒新橋マンション トイレ
ちなみにトイレも赤。
寒い冬でも暖かく感じる・・・・かな。
このような赤い壁は
お気に入りの写真とか絵とかを飾ると
お洒落な感じに仕上がりますよ。
(自分はインテリアデザイナーでもなんでもありません。あしからず。)

目黒新橋マンション 洗面室
洗面室ですね。
右側は洗面台、左側に洗濯パン。
奥は浴槽
目黒新橋マンション 浴槽
テレビが見られるお風呂だよー。
目黒新橋
このマンションの由来となる橋。
「目黒新橋」。

目黒駅から目黒通りを通って7分。
通り沿いにいろんな店が充実しています。

立地・眺望・日当たり・便利さを兼ね備えたマンションです。
いいですよ。ここ。

物件情報タイトル

物件名 目黒新橋マンション
所在地 目黒区目黒1丁目24-19
交通 JR山手線「目黒」駅 徒歩6分
物件価格 成約 所在階
建築年月 1971年4月 構造 SRC造地上11階建て

条件を変更して検索する

所在地
価格
専有面積
築年数
駅徒歩




ストリートビュー&地図タイトル
物件や周辺環境を360度パノラマ写真で見てまわることができます。
※写真上でクリックしたままカーソルを動かすと、視界が360度回転します。
写真上の東西南北の矢印をクリックすると、場所が移動します。

続きを読む



ホーム

アーカイブ
リンク

ページのトップに戻る